出会い系サイト経由で貞淑だった巨乳人妻を即ハメ! 旦那の代わりにたっぷり中出しして性処理用の通い妻にしてやった!

出会い系サイトのPCMAXで人妻をおれ専用の性欲処理便器にしてやった。
名前は仮にA子としておく。

出会い系サイトでセフレを探していると、プロフ写真のない女に目が止まった。

プロフィールを読むと、登録したばかりの新人で、話し相手が欲しいと書かれている。
年齢は35歳。
結婚歴はわからねぇが、まあ、結婚しているだろうな。

この年齢の女は、悲しいことに男から相手にされず、日頃の生活に寂しさを感じていて、オスを欲しがっているんだ。しかも、若々しいメスの体と違って、ちょうど熟れきって犯し頃なのさ。
これからのことを考えると、チンポがうずいて、ズボンの下が張ってきてちまった(笑)

さっそくサイトメールを送信すると、とんとん拍子で話がすすんで、LINEを交換した。
仲良くなってやり取りするようになると、結婚していることを遠慮がちに出してきたけど、そんなことは想定内さ。優しくしてやったら、もうすっかりやり取りにハートマークがついたみたいで、惚れさせちまった。
小学生の子どももいるが、メスとして扱ってもらっていないから、我慢できないんだと。

バカな旦那だよな。
男として情けないから、こんな女を放置して欲求不満の塊に変えさせちまって、オスの欲望のまま『射精されるため』のリアルオナホにされちまうんだからよ…

写真交換してみると、下手な自撮りだが、いかにも清純そうな感じだ。
もうメールからも、A子が会いたがっている感はビンビンに出ている。
そこで、オフラインで出会うことを申し出ると、嬉しそうな感触が。
日程も時間もすんなり決まって、もう即ハメの準備は万端だ。
こうした女を征服してメスに変えるのは、興奮が収まらんぜ…

約束の日、待ち合わせのカフェには、年齢よりも若く見える美女がいた!
事前に聞いていた服装も合っているので、話しかけてみると、それがA子だった。

服の上からでもわかるほど盛り上がった巨乳なのに、指は細く、腰もくびれている。
聞けば、ジムに通ってトレーニングしているっていうから、納得だ。

親しみげにコミュニケーションを取ると、遠慮がちながらも、おれを意識してチラチラ見てくるのが、かわいらしい。
これからベッドでどうやって犯して、どんな表情をするのか見てやろうかと、たまらなくなるな(笑)

トークを程々で切り上げたら、手を引いてホテル街に…

A子は表面上は嫌がる仕草をしたが、これは典型的なグダってやつだ。
もう慣れてちまっているから、全然怖くないな。

「おれはA子ともっと仲良くなりたいんだ。本当に嫌なことはしないよ。歩き疲れたから、休もう?」

はい、お持ち帰り(笑)

もちろん、部屋に入った直後、キスをするぜ。

A子は嫌がる素振りも見せず、うっとりした目でおれのキスを受け入れちまっていた。
本当は体の中のメスがうずいて、男が欲しくてたまらなかったんだよな。

ベロチューしながらパンツの上からオマンコをいじくってやると、「あっ、ううっ!」と切ない声を出して悶えやがる。
しかも、あっという間にパンツをびしょびしょにして、指にぬるぬるしたものをつけてきやがった。

「感じやすいんだね」

「〇〇さん、上手で…」

恥じらい混じりにうつむくが、これまでA子の旦那も含めて、男として無能なやつにしか相手をされていなかったんだから無理はない。
おれがA子のオマンコに新しい快感を教え込んでやる。

舌で口を犯しながら、パンツをずらしてA子のオマンコに指を侵入させると、水分たっぷりのグチョ濡れ。

これまでロクに満足できなかった体を満足させるように、指でかき混ぜてやると、「おっ、あっ、あっ…」と背中を反らして震えちまう。
感じやすいじゃないか(笑)

たっぷりと指で膣で楽しませてやると、おれにすがりつくようになって、ロクに立ち上がることもできやしないから、お姫様抱っこでベッドに連行だ。

組み敷いて服を剥ぎ取ると、巨乳がこぼれ出た。
Fか、Gカップはありそうな巨乳だ。興奮で乳首はビンビンだ。
年齢でハリはなくなっているが、とてつもなくやわらかくなっていやがる。
旦那さん、あんたが放置していたんだから、おれのものにしても何も問題はないよな?

それからA子をめちゃくちゃにしてやった。

巨乳を揉みしだいて、乳首を舐めしゃぶり、下着をはぎ取って整えられた陰毛をかき分けて、皮がむけてピンク色の突起を舐めしゃぶる。
愛液がとめどなくあふれ続けて、シーツがびしょ濡れだ。

「おっ、ああ〜!」

獣のような絶叫を部屋中に響かせて、体をくねらせる。
あまりに感じまくってうるさいから、口に指をつっこんでやると、ちゅぱちゅぱしながら快感に溺れてしまっている。
オマンコからはメスの匂いがぷんぷんしてやがる。

びちょ濡れのセクシーな下着を剥ぎ取ると、「ああん…」と色っぽい声をしやがる。
なんのことはない。
オレのチンポをくわえ込む準備は万端じゃないか。

「A子の下着って、かわいいな。よく似合っているよ」

「嬉しい…あっ」

本当はオレに犯される気満々で、前日から準備をしていたくせに。
オレも服を脱いで、A子に覆いかぶさった。

「好きだよ、A子。だから、もっとひとつになろうよ」

「ひとつって…?」

すっかり目がとろけて、ハートマークが浮かびまくっているのは、人妻をやめてただのメスになった証拠。もうひと押しだ。
全身を撫でながら、顔を覗き込むと、嬉しそうにしている。
おれはキスをした。唇もやわらかくて、最高だ。
ギンギンのチンポをオマンコにこすり続ける。

唇を離すと、すっかりできあがってしまっている。

「A子ともっと気持ち良くなりたいな」

A子はうなずいた。

おれは生チンポに手を添えて、人妻のオマンコにぴったりとくっつける。
生は危険だとわかっていても、A子の中では快感を求めるほうが上回っているようだ。
これまで男として情けない旦那にしかできなかったんだから、優秀なチンポを欲しがるのは当然だよな。

腰を押し出して、奥まで入れると、A子は背中に手をまわして、より求めてきた。
その望みに応じて、ガンガン突きまくってやった。

両足をつかんで恥骨をぐりぐりとすりつけたり、「旦那よりもいいのか?」と言葉責めしたり、腰を振りながら巨乳をもみしだいたり…A子は何度も何度もアクメを迎えて、ずっと感じまくっていた。

「A子の体がよすぎて、出そうだ。中出しダメだったら、嫌な思いをさせたくないから二度と会わないよ。でも、中出しOKだったら、もっと気持ち良くなれるし、今度も彼氏みたいにいつでも会えるけど、どっちがいい?」

もうA子は逆らえないとわかっていたが、NTRを感じたかったので、あえて迫った。
もちろん、NOだったら、もっとメスをよがらせるテクを使うことで、強引にYESに変えさせるつもりだ。
メスは優秀なオスに中出しされたいだろ?

A子は迷っていたので、「返事がないなら、NOってことか? それじゃ、やめるか」と強気な態度に出ると…

「お願いします! もっと気持ち良くしてください! 中出し、して欲しいです…ああ…」

その言葉に、猛然とピストンの速度を早めた。

A子はメスらしい嬌声を上げることしかできず、ベッドでガクガク震えている。
だが、旦那以外の種を植え付けられる瞬間が刻々と近づいているのに、逃げようともせず、おれみたいにほかの女を食い散らしまくっている優秀な男の種を欲しがっているんだ。
ほんと、女って淫乱だよな。

A子の膣が痙攣して、ギューッとオレのチンポをくい締めてきた。
その感触に身を任せて、オレは射精した。

「ああああっ! ダメ、熱い! おかしく、なるっ! イ、くぅぅぅぅ!」

A子は中に射精を浴びながら、絶叫してイッてしまった。

お互いに息を整えながらキスをして、いちゃいちゃしながらチンポを抜く。
スマホを構えてオマンコに向かって、種付けされた証明を録画だ。

指でまだ痙攣しているオマンコをほぐすと、奥から白い粘り気があふれてくる。
やっぱり男としては、ゴムありセックスよりも、こうやって中に精子が注ぎ込まれているのを見るほうが、圧倒的に優越感を覚えるよな。

A子の頭を撫でていると、オレの胸板に顔をのせて甘えてくる。
こうやって寝取ったことを意識すると、オレのチンポはまた硬くなってきた。

A子の手をとってオレの肉棒を触らせる。
愛液と精子が絡んで、ぬるぬるしているはずだ。

「すごい…私でこんなふうになってくれたの?」

「当然だろ? A子の体が良すぎるから、反則だと思ったよ」

「おだてちゃって」

笑顔になっているが、まんざらでもなさそう。

「オレのチンポ、口で硬くしてよ。まだA子の体とつながりたいんだ」

もぞもぞとオレの下半身に移動して、顔を向けるとパクっとくわえてきた。
純情な女はかわいい。舌を絡めて、さっきまでオマンコをかき混ぜていた亀頭を丁寧にお掃除してくる。
ご褒美に顔をつかんで、上下にずぼずぼイマラチオさせると、苦しそうな声を出しながら唾液たっぷりにチンポマッサージをやめない。

すっかり出そうになったところで、A子を強引に四つん這いにさせて、デカ尻を鑑賞だ。
生で犯してやったから、メスのフェロモンを放ってやがる。
オレは無言でチンポをあてがって、メリメリと広げながら挿入した。

パンパンと音を立てながら、オマンコを蹂躙して、しっかりと精子を馴染ませる。
A子はものすごい声を上げては、オレのチンポの形に膣をフィットさせるようにきゅっきゅと締めつけてくるのが、気持ちいい。

その後、バックで射精、騎乗位で射精。
測位で連続イキしているときにも射精。

人妻の体で気持ち良く4回も射精できた。

最後は「ありがとうございまひゅ、ありがとうございまひゅ…」って、オレのチンポにお礼を言いながら、巨乳を揺らしてイキまくっていたぜ。

それからも、数回ホテル直行デートをしたが、いつも従順にエロ下着をつけてきたり、バイブを刺したままお出かけしたり、オナニー動画を送らせたりと、過激な命令に従うようになったから、自宅に連れ込むようにした。

もちろん、毎回生でやっているが、文句も言わず、中出しを喜んでいる。
しかも、昼飯を作ってくれたり、掃除までしてくれるから、お礼にオレのチンポを与えている状態だ。
すっかり通い妻だな。

最近では、「今日、危険日なの…」と色っぽい目で誘ってくるようになった。
生でも、最後はかにばさみをして抜けなくなるようにしている。
淫乱の極みさ。

「旦那とあなたって、同じ血液型だから、安心して?」と、潤んだ目で中出しをお願いしてくるようになった。

巨乳でのパイズリも最高だし、中出しではらんでも文句がないんだから、不自然なゴムなしセックスではなく、繁殖のための交尾をしてやらねばいけないな。