某出会い系サイトで、エロ看護師GET! イケメン彼氏がいるのに欲求不満! 濃厚クンニで何度もイッて、チンポを欲しがる!

Pのつく出会い系サイトでエロ看護師をクンニで癒やす!

オレがこれまでセックスした中で、一番可愛かった子のお話です。

その子は隣の県に住む24歳の看護師さんで、2歳年下のイケメン彼氏と遠距離恋愛中の千夏ちゃん。

知り合ったきっかけは、Pのつく某出会い系サイト…わかりますよね。

当時は、毎晩深夜まで残業していたオレ。

しかも、その子の住所は100キロ以上離れてて、オレの年齢も10歳近く上。

たぶん会うことはないだろうな~と思いつつ、しばらくは“彼氏とののろけ話”や“愚痴”なんかをサイト内で聞いてあげてました。

そんなある日、夜8時過ぎに突然連絡が。

まだ職場にいたオレに、「まだお仕事頑張ってる? 〇〇さんの声を聞きたいから、電話番号を教えてよ」と、千夏ちゃんから連絡があった。

女の子から連絡があるなんて、これは相当期待大だ!

オレは速攻で会社を抜け出して電話番号を教えると、しばらくして非通知で着信が。

「夜勤明けで暇なのに、彼氏が飲み会で捕まらなくて寂しいの」

「じゃあ、オレが今からそっちに行って慰めてあげるよ」

「来ても良いけど、エッチはしないよ~(笑)」

…だって。

オレも考えたんだよ?

ただ、翌日も仕事があって、どうしても休めないし、場所を聞くと往復で3時間近くかかる場所だ。
さすがに体力が持たないだろう…

永遠とも思えるほど長時間、0.5秒ほど悩みましたが、千夏ちゃんの気が変わってしまって、これっきりになってしまうのももったいない。

思い切って、「エッチはしなくて良いよ。それじゃ、すぐ向かうから」と言って、車を発進。

千夏ちゃんからは、「それじゃあ、1時間半位したらまた電話するから〇〇駅に迎え来てね」って言う話でしたが……。

オレは電話番号どころかメールアドレスすら知らない、サイト内でしか繋がって無い存在。

現地に着いて連絡無かったら、立ち直れずに、出会い系を卒業出来てたかも。

若干不安ながらも高速を飛ばして、無事◯◯駅に到着。

すると、小柄だけど予想以上に可愛いギャル系の子が立っていた。

予想通り、その子が千夏ちゃん…あまりの可愛さに感動モノでした、ホントに。

さっそく助手席に乗せて、しばらくドライブした後…

「運転疲れたし、ゆっくり話したいからホテル行こうよ」

「良いけど…でもエッチはしないよ」

ジト目で再度の念押しかい…

まあ、ホテルOKって事は何とかなるかと思いながら、既に0時過ぎてたので、泣く泣く宿泊料金でチェックイン。

ベッドに腰掛け、改めてオレを選んでくれた理由なんかを聞いてみると……

・遠距離の彼氏とオレが住んでる街が一緒で、親近感を感じた

・彼氏にはベタ惚れ、絶対ばれたくないから直メはNG

・年上の既婚者で、遠い人なら安心と思った

……という理由らしい。

そんな安パイ扱いではあるが、オレの本性は基本エロオヤジ。

(ホテルの宿泊料金くらいは元を取りたい)なんて考えながら、愚痴を聞きつつ徐々に攻撃を開始。

得意の“うなじ舐め”を手始めに、バストへの侵攻までは無事に成功。

でも彼女、下を触らせると成り行きでエッチに持ち込まれると考えたのか、「彼氏に悪いから、下は勘弁して」と相変わらず固いガード。

ただ、オレは紳士なので無理矢理は嫌いですが、サービス精神が旺盛な面があって、常に女の子に気持ちよくなって欲しいと思っている。
だって、変態という名前の紳士だからさ!

(せめて千夏ちゃんに、もっと気持ち良くなって貰いたい!)って強く考えたオレが、結局発した言葉は、「絶対に挿れないから、少しだけ舐めさせて」でした。

「絶対約束だからねー」って再度の念押し後、クンニ開始。

オレは奉仕大好き人間なので、結局1時間くらい舐め続けて、千夏ちゃんを何度も絶頂に導き、彼氏に会えないストレスを解消してあげました。

そんな事をしながらも、約束は守る紳士なお兄さんは結局悶々としたまま、千夏ちゃんを〇〇駅まで送り、そのまま高速を飛ばして明け方帰宅。

当然の事ながら、翌日の仕事は散々…

それから数日後。

千夏ちゃんはどうしているかと思っていると、また残業中に千夏ちゃんから着信があった。

またもや、「今夜寂しいから来ない?」とのお誘いに、思わず「行っても良いけど、今回は絶対エッチするよ」と断言すると、あっさり「良いよ」の返事。

その夜は海が見えるホテルで、思い切りクンニで千夏ちゃんをイカせた後、無事『合体』して数時間楽しむことができますた。

小柄な体を組み敷いて、チンポをハメるのは最高に気持ちよかった…

千夏ちゃんによると、エッチOKになった理由は、「前回ちゃんと約束守ってくれたし、彼氏がしてくれないクンニが気持ちよかったから」なんだとか。

改めて、(クンニテクを磨いてて、良かったな~)と実感した出来事でした。

みんなもクンニテクを磨いて、女の子を満足させようぜ!