ロシア美人のJカップの爆乳人妻と正常位の中出しで童貞卒業した

あれは、俺(タクシ)が大学に入学して間もない頃の話。

中学校から高校生までの6年間、男子校だった俺。
ずっと彼女が欲しかったが、結局大学に入学するまで、彼女は出来なかった。
俺は大学で、バドミントンのサークルに入った。
そこで、1年先輩にユリアという女の人がいて、1ヶ月も経たないうちに告白された。
ユリアは、日本人の父親とロシア人の母親をもつハーフだった。
肌の色が白くて、金髪、黒目、おまけにGカップの巨乳でスタイルが抜群に良くて、ぱっと見はほぼロシア人。
でも、日本育ちなので、日本語は話せた。

友達からは、「綺麗だし、オッパイでかいし、最高じゃんか!もうヤったの?」なんて言われていたが、なにせずっと男子校だったし、女の子をどう扱っていいかわからないから、手を繋ぐくらいが精一杯。
手を繋いで、彼女の柔らかさを感じるだけで、チンコはビンビンで、先っちょが濡れるほどのスーパー童貞クンだった。

付き合い始めて1ヶ月経った頃、彼女に「ママに紹介したいから、家に来て」と言われ、夕食に招待された。
彼女の家は、お父さんが海外に単身赴任中で、お母さんとユリアの二人暮らしらしい。

お母さんは生粋のロシア人で、名前はラリーサさん。
まず最初にラリーサさんに会った印象は、(オッパイでかっ!!!)だった。
とにかくデカい!
体型は普通なのに、オッパイだけが異様にデカい!!
彼女もデカかったが、お母さんとは比べ物にならない。
洋服の中に風船でも入ってるかのように、胸元がパンパンだった。

後日聞くと、なんとJカップなんだと!
それに凄く美人で、日本語もとても流暢に話した。
(日本語、話せなかったらどうしよう?)と思っていたが、その心配は杞憂に終わった。

3人で夕食を食べながら話をしていると、ユリアの高校生の頃の話をするラリーサから元カレの話を聞いた。
ユリアの高校生の時の彼はとっても格好良くて、可愛い系の俺とは全くタイプが違ったらしい。

彼女は、「(俺の前で)何でそんな話をするんだ!」とお母さんにマジ切れ気味に怒っていたが、俺は「前の彼なんて全然気にならないし、全く問題ないよ~!ハハハハ~!」と、笑って余裕を見せた。
(内心では、気になって仕方なかった……)
ラリーサさんは夕食の途中からウォッカを飲んでいて(さすがロシア!)、まあまあ酔っぱらっていた。

夜8時になり、彼女がバイトに行く時間になったので、俺も一緒に家を出ようとすると、「タクシは、もうちょっとゆっくりしていけばいいじゃない。まだ、話したい事もあるし」と言って、俺を引き止めるラリーサさん。
彼女はお母さんに「余計な事を言うからダメ~!」と言ったが、お母さんが絶対に余計な事を言わないと言う約束で、俺はもうしばらく彼女の家で過ごすことになった。

二人になると、ラリーサさんは俺にウォッカを勧めてきた。
俺が「オン・ザ・ロックは無理だ」と言うと、「可愛いわね」と言って、ウォッカをジンジャーエールで割ってライムを絞ったモスコミュールを作ってくれた。
俺は何だかユリアの高校生の時の彼の事が気になって、ラリーサさんに「ユリアの元カレって、そんなにカッコ良かったんですか?」と聞くと、ラリーサさんはケタケタと笑いだして、「やっぱり気にしてるじゃない!本当にタクシは可愛いわね!」と言って、俺が座っているソファーの真横にピタリと座ってきた。

俺の腕に、ラリーサさんの巨乳がモロに当たっている……。
「でも、私は格好いい元カレより、可愛いタクシの方がタイプよ!」と、腕を組んできたラリーサさん。
巨乳がグイグイ俺の腕に当たり、柔らかい感触がモロに伝わってくる。

爆乳の人妻はビンビンになったチンコに反応して…

「冗談は止めてくださいよ~」

そう言って、俺は苦笑いしつつも、チンコがビンビンになって、ズボンがパンパンになっている事を悟られないか、とても心配していた。
ラリーサさんはイタズラっぽく笑いながら、「タクシは家に来てから、何度も私の胸を見てたでしょ!知ってたのよ!そんなに気になる?見たい?見たいんでしょ?」と言って、上着を脱いでキャミソールだけの姿に。
真っ白な巨乳が、キャミソールから今にも飛び出しそうに、半分露出している。
俺は、ゴクリと生唾を飲んだ。

そして、彼女は俺を挑発するように見つめると、肩紐を外し、ズルリとキャミソールを下げる。
真っ白な巨乳が、ボヨヨ~ンと言わんばかりに飛び出してきた。
真っ白なオッパイに、綺麗なピンク色の乳首。
そして、彼女はロシア語で、俺の耳元で何か囁いた。

ドキドキしながら、「何て言ったんですか?」と尋ねる俺。
すると「私のこの綺麗な乳首にキスして」と、ラリーサさんはもう一度日本語で囁いた。

俺の中で抑えていた欲望の糸が、プツンと切れた。
俺は彼女の巨乳に顔を埋めて、乱暴に巨乳を鷲掴みで揉みまくり、続けてオッパイを口一杯に含むと、舌先で乳首をコロコロと舐め回した。

「オ~ゥ、アハァッ~」

まるで外国ポルノのような喘ぎ声をあげて、俺の顔をグイグイ胸に押しつけるラリーサさん。
夢中でオッパイにむしゃぶりつく俺は、知らない間にズボンとパンツを下ろされて、チンコ丸出しにされていた。
ラリーサさんは自分の手に唾をたっぷりと付け、俺のチンコを握って上下に動かす。
それから、俺の顔を上げると、舌を絡めたディープキス。

(き、気持ちいい~)

俺は脳も体も溶けてしまうような快感で、イキそうになった。
チンコの先から、ガマン汁がどんどん出てくる。
ラリーサさんはガマン汁を舌先でチロチロ舐めると、ギンギンなったチンコを咥え、凄い音を立ててバキュームフェラ。
その間にも、玉袋をモミモミ。
アナルも指先で刺激する。
俺はもう限界だった。

「イ、イクッ~!」

チンコがビクビクッと痙攣した瞬間、俺はラリーサさんの口の中で大量のザーメンを放出した。
俺は力なくソファーに横になる。
ラリーサさんは俺の精液を一滴残らず絞り取るかのように、凄い吸引力でチンコを吸い上げて全て飲み干した。

「今度は私を気持ち良くして」

彼女はソファーに座ると、両手でマンコを開いて見せた。
下の毛は綺麗に処理された見事なパイパンで、丸見えの状態。
中から愛液が流れ出し、アナルまでダラダラと流れ落ちて、テカテカ光っている。
中指をマンコにそっと入れてみると、トロトロマンコに中指がヌプヌプと音を立てるように入る。
そしてゆっくりと出し入れすると、喘ぎ声をあげながら体を反らせるラリーサさん。
俺は人差し指と中指2本で、少し乱暴に出し入れする。
彼女は凄い喘ぎ声をあげて、俺の顔をマンコに押しつけた。

(舐めて欲しいのか?)

そう思い、俺はマンコの割れ目に沿って、舌を這わせながら舐め上げ、勃起したクリトリスをチュウチュウ吸いながら、舌先でコロコロ舐め回してみた。
ますます大きな声で喘ぎ声をあげて、体を反らせるラリーサさんに指2本を突っ込み、掻き回しながら、相変わらずクリトリスをコロコロ舐め回すと、マンコからどんどん愛液が溢れ出してくる。
彼女は獣のような声をあげると、ビクビクッと体を痙攣させ、アクメに達したようだった。

俺はパンパンに勃起したチンコを、正常位でマンコに入れようと試みたが、なかなか入れる事が出来ずに苦戦していると、「タクシは本当に可愛いわね!」と言って、俺のチンコを持ち、マンコの入り口まで導いてくれた。
ゆっくりとチンコを挿入していくと、トロトロになった子宮の粘膜がチンコに絡み付くように密着し、何とも言えない快感にすぐにイキそうになった。
それを何とか堪えて、スッポリと根元まで入れる事ができた。
ゆっくりと腰を動かし、ピストンさせると、彼女は、「アッア~ッ!」と悩ましい喘ぎ声をあげた。
腰を動かす度に、巨乳がユッサユッサと揺れて、とても興奮したのを今でも覚えている。
俺は徐々に腰の動きを早め、ユッサユッサ揺れる巨乳を揉みしだきながらディープキス。
限界が近づくのを感じて、チンコを抜こうと腰を引こうとする俺。
しかし、ラリーサさんは、両足で俺の腰を蟹ばさみでロックした。

「駄目だ!出る!出ちゃうよ」

俺は慌てて言ったが、ラリーサさんはニコリと笑うと、「OK!」とだけ言って、蟹ばさみを解いてくれない。
(もうどうにでもなれ!)と俺は完全に開き直り、ガンガン腰を振って、そのまま思いっきり中に大量のザーメンを発射した。
チンコを引き抜くと、中からゆっくり俺のザーメンが流れ出してきた。

その後、俺はシャワーを借りて体を洗うと、彼女がバイトから帰ってくる前に家を出た。
帰り際に、ラリーサさんから「この事は絶対、ユリアには内緒よ!」と言われ、軽く口にフレンチキスをされた。
俺は「もちろんだよ、ラリーサ」と言って、お返しにオッパイを揉みながら、ディープキスをした。

それから数日後、俺は無事にユリアともセックスを果たして、見事に親子丼を頂くことが出来た。

しかし、ユリアとは、その後1年もしないうちに別れてしまった。
でも、ラリーサとは月2回のペースで3年間ほど関係が続いた。
ラリーサと別れた理由は、旦那さんとロシアに永住する事になったから。
泣く泣くのお別れだった。