ハメたつもりの人妻に完全逆転性奴隷にされてしまった…

ヨガに通っている人妻と禁断の関係を結んで

あんたは禁断の関係に興味があるか?

一度でも体験するとわかるが、

あまりにも脳汁ドバドバで抜けられなくなってしまうぞ…

オレは今、人妻に嵌っている。

相手は明美さん。

32歳のスレンダーな美女だ。

今もヨガをやっていて、スタイルだけではなく、

あそこのしまりもキツキツであまりにも気持ちよすぎる…

仕掛けて来たのは彼女だ。

仕事内容は言えないが

彼女は仕事関係の付き合いだった。

少し強気で扱いにくい相手だったが

容姿はオレ好みで嫌いではなかった。

彼女が仕掛けて来たのは1ヶ月前

その日は打ち合わせが入っていたが

彼女からTELが入り、具合が悪いとのこと。

ただ急ぎの用件だったので彼女の家で話すことにした。

彼女の家を訪れてチャイムを鳴らすと、彼女がひょっこり顔を見せた。

予想と違って案外元気そうだったので、拍子抜けだったといおうか…

薬を飲んで大分具合が良くなったとの事。

淫乱人妻の罠で彼女とも別れさせられて射精させられるだけの生ディルドにされてしまいました…

仕事の話をしているうちにいつの間にか彼女は

オレの横に来ていた。

横に来て始めて気づいたのだが彼女は以外と薄着をしていた。

近くに来ると服がうっすら透けている。

花柄のSEXYなノースリーブだが

その中には派手な紫色のブラがあるのが見えている。

男だったら、絶対に目を離せない卑怯な方法だ!

それを見ただけでも興奮ものなのに

彼女の香水の香りがオレを更に煽ってゆく。

しかもその日の彼女はいつもと違い甘えたような口調で話してくる。

病気なのでてっきりノーメイクだと思っていたのに

完璧メイクでその唇の動きにも目が何故か行ってしまう。

「あああ、やりたい!でも大切なクライアントだし・・・」

と心の中で悶絶していると

彼女が

「あらぁ?あなた、私に欲情してるの?」って

いきなり切り出された。

「そんなことは・・・」と返すと

「本当?じゃぁ、証拠見せて。」

彼女はそういうと体をオレの体に密着させ脚を絡ませてきた。

「興奮して乳首立ってるんじゃない?確かめていい?」

彼女は言いながらオレのYシャツのボタンを外すと

胸元に手を滑り込ませて来た。

主婦とは思えないほど手はスベスベだ。

元々綺麗な手をしている印象で指も細長く色っぽい。

そんな手でオレの乳首を愛撫しているのかと思うと

余計に興奮が増す。

「うふふ・・やっぱり。立ってるわよ」

彼女は嬉しそうに言うと爪先で更に愛撫してくる。

「うううう・・」オレが呻くと

「あらぁ?感じてるの?じゃあもっと良くしてあげる」

指先で乳首をカリカリと愛撫しながら、オレの首筋に舌を這わせてきた。

彼女の舌は唾液がタップリ絡んでいてとても気持ち良かった。

オレは堪らなくなり「もう駄目っす・・」というと

「何が駄目なのぉ?もっと駄目にしてあげてもいいわよ?」

というと手をオレのチンポに伸ばしてきた。

彼女は慣れた手つきでオレのズボンのファスナーを下ろすと、

指を一本一本オレのチンポに絡めて、ゆっくりと手でシゴキ始めた。

あまりにうますぎるテクに、先端から先走りがあふれて止まらず、

彼女の手に絡んでぬちゅぬちゅと卑猥な音を立て始めた。

「ど~お?駄目ぇ~?」というので

「駄目です、駄目です」とオレ。

すると彼女は「駄目なんだぁ~」と手を止めてしまった。

「ええ~」とオレが言うと

悪戯そうに「駄目なんでしょ~?」と

「いやその駄目じゃなくて」と困っていると

「判ってるわよ、ンフフ。じゃあ本当に駄目にしてあげる」

というといきなりオレのチンポを咥え込んだ。

手コキでビンビンになった状態の上にいきなりだったので

凄く気持ち良く女の子のような情けない喘ぎ声をあげてしまった。

「あなた、いやらしわよぉ~。私としたかったの?」「はい」って

もう、彼女の言葉攻に酔っている自分に気づく。

「あなた、仕事中もこんなにビンビンにさせてたの?」

彼女は矢継ぎ早に質問をしてくる。

でもオレはもう「はい」とか「そうです」とか答えるのが精一杯だ。

「あらぁ~先っぽから何か出てるわよぉ~。いきそうなの」

彼女はそういうとオレの先走り液を舌ですくうように舐めあげた。

彼女の舌先からオレのチンポまで糸を引いた状態になったのだが

その時の彼女の顔のいやらしいさはその日一番の表情だった。

「もう入れたいっす!」オレが言うと

彼女は「未だよ」というとオレを四つん這いにさせ

アナルに舌を差し込んで来た。

「ああああ~」オレはされるがままだ。

彼女は舌先でアナルを刺激しながらオレのチンポをしごき始めた。

余りの気持ち良さにチンポにくすぐったい様な快感が走る

「もう、駄目っす!いきそうっす!」

彼女はオレが限界なのを知って手を止め、今度はオレを押し倒した。

「入れるわよ?」

と一言言うと騎上位の形でオレのチンポを自分のマンコに挿入した。

さすが人妻だけあってすんなり入った。

そして彼女のマンコはもう濡れ濡れである。

彼女は「んんん・・年下の久しぶりよ~ああ~気持ちいい~」

って腰を振ってくる。

子供いるので甘く見ていてのだが彼女のマンコは思いの他、締りが良い。

彼女は騎上位で2回イクと今度は正上位に変え

「今度はあなたが責めて~」っと甘え声だ。

オレは腰を動かしたが、もう持たない。

責める余裕は0%だ。

今日のことですっかりオレは脳内をレイプされた気分だ。

もう彼女の虜で、当分・いや、かなりの間嵌まるな・・等と思っていたら

駄目だ!限界である。

「もう駄目っす、駄目っす。イクっす~」

彼女は少し嬉しそうに

「もう駄目なの?私に駄目にされたの~?ほら駄目になっちゃいなさい」

と言うと顔を起こしオレの乳首を舐めた。

オレはイキそうな上、言葉責め・乳首舐めに興奮は極限に達した。

「あああ・・あああ・・いくっぅぅぅぅぅ・・」

オレは明美さんの長くて綺麗な足に一気にぶちまけた。

オレの人生を変えたSEXだった。

オレは今や明美さんの奴隷だ。

会社には悪いが明美さんのいい様に契約させられている。

あれから週二回はHの玩具にされている。

彼女とも別れさせられた。

(要望があれば別れさせられた話も書きたいが・・)

でも嵌まっている。

あのテクからは離れられないし、もう彼女の奴隷のままでいいかと思っている。