居酒屋の女将に迫られて大興奮の騎乗位を楽しんだ!

汚ない田舎の居酒屋。今だったら許されない程に皆飲んで車で帰ってた。
その当時は学生で、田舎学校のため寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてたが、店の女将さんはまだ若く、当時の俺よりも5歳上位の、お姉さん気質の綺麗な人妻だった。夫婦は仲良くて、イチャイチャ系の話や出会った頃の若々しい話等をよく俺にしてくれて、客のはけた店で、「早く結婚しろよー」なんて笑いながら3人で飲んだりしていた。
働き始めてから1年くらいしただろうか。
店に泥棒が入った。金目の物なんてないのに。やたらめったら壊して行った。
それから3ヶ月後、また泥棒が入った。
今度は奥さんのエプロンとか長靴とか割烹着とか、そういう女性の物だけ取られてた。
一段と厳重に戸締りして、鍵とかも2個3個当たり前で施錠。
それでも1回目の泥棒から半年後、また入られた。
今度はトイレの小さい窓からで、また奥さんの物だけ取られた。
警察もさすがに怨恨とかを疑ったが、俺から見ても店主と奥さんは人に恨まれる事をしている様には思えなかった。
話はちょっと飛ぶが、ある夜。
今後の泥棒対策で話している時、店主に言われた衝撃の一言が胸に刺さった。
店主「あいつさ、浮気してんだわww」
俺「あいつって誰っすか?」
店主「あいつって言ったら、あいつだよw」
俺「奥さんですか?」
店主「そう・・・」
俺「えっ!えっ!えーーーーー!」
俺は殴られる覚悟を決めた。
俺と奥さんは店主が別れる前に1回だけ、開店前の店でした事がある。
我慢出来なくなってっていう×××系じゃなく、仕込みしている俺の後ろからそっと抱き付かれ、「振り向かないで・・・このまま」って奥さんに甘い声出された。
俺は、「え?あ!ほえぇ?奥さん、まずいっすよw」って笑って誤魔化した。
でも奥さんはムチっとした胸を俺の背中に押し付けて、「私じゃ、ダメかなぁ?」と呟いた。
「綺麗です、でも大将の奥さんですし、そういうのは・・・」と振り向いたらキスされた。
そこからは止まらなかった。
貪り合う2人。
白いレース地の下着を脱がすともうビチョビチョに濡れてた。
ブラを荒々しく取り去ると、プルンっとエロ乳首が顔を出す。
そのまま調理台に座らせて脚をV字に開くと深く挿入した。
「うううううん・・・」
奥さんの中はヌレヌレで熱く濡れそぼってて、奥まで入れると跳ね返される。
「あぁ奥さん、凄い気持ちいです!」
「いいわ、もっと突いて!奥まで突いていいから!」
立ちバックの格好になり、白い肌を鷲掴みにしてガンガン突いた。
寮生活じゃほとんど女との接点なんてないし、溜まる一方の性欲。
すぐに爆発寸前になる。
「奥さんイキそう!」
「もっと突いてから出して!」
パンパンパン!!
「そう、いいわ!そこそこ!あぁぁぁぁ」
カリが引っ掛かる程にぎゅぎゅっと締めつけられる。
「あぁ出るよ!出る!」
俺が言った瞬間、クルッと向き直る奥さん。
その赤く染まった顔はハァハァと荒い息を上げている。
そしてそのまま可愛くちょっと厚ぼったい唇に当てられ、じゅるりと喉奥まで入れられる。
初めて触る髪。
「あぁ!奥さん出る!」
こくんと頷く奥さん。
後頭部をそっと押さえると俺は喉奥で大量に射精した。
ちゅぽん、と音と共に抜かれる。
「いっぱい出たのに、まだ硬いよ」
賢者タイムに入った俺はビビリまくっていた。
いかに勢いとは言え、人妻に手を出してしまった。
走馬灯のように(離婚、弁護士、慰謝料・・・)とか頭がグルグルする。
「大丈夫ww言う訳ないじゃんw」
奥さんは可愛く笑う。
「すみません・・・」と言うしか頭に無かった。
なのに奥さんは、「もう1回しよっかw」なんておどけて言う。
半裸の女が目の前にいる。
髪の毛をしゅるっと解くと、いつもは見せない奥さんの姿。
そのまま奥の小上がりまで行って強引に押し倒したが、主導権は彼女の方だ。
騎乗位で乗っかられて強烈なグラインド。
「いいの?私の気持ちいい?」
「最高です」
しばらく奥のコリコリを楽しんでいると・・・。
「わ、私、イキそう・・・はぁはぁ・・・」
「好きにイッて下さい」
「でも・・・あ、あ、そんな突いちゃダメぇ!」
騎乗位で両手で乳首をこねくり回す。
白い肌に浮かぶピンク色の乳首は最高の興奮剤だった。
「ダメぇ、ケンジ君イッちゃう!イッちゃう!イク!イク!」
そのまま奥さんは弓なりに跳ねた。
ぐったりと抱き付いてきたので抱きついてキス。
ぐるんと挿入したまま回転し正常位。
淡々と奥まで突き、奥さんの喘ぎ顔を堪能する。
「いやぁぁ・・・気持ちぃぃ」
そんなアヘ顔見てたらイキそうになるのが男。
「あぁ奥さん、イキそう」
「いいの、そのまま出して!」
中出し指令だが、さすがにマズいというのは直感でわかる。
すぽんと抜いてお腹に出し、おへそに綺麗な白い湖を作った。
抜いた瞬間、シュシュッと潮まで吹き出してた。
抜いた俺のイチモツを手で優しくしごいている姿がまたエロい。
時計を見ると、そろそろ仕込みを終わらせなきゃいけない時刻。
2人とも、「やばいw」なんて笑い合った。
潮で濡れちゃった座布団は外に干しに行く。
「内緒って言ったら内緒だからねww」
「はいww」
その日は仕事にならなかった。
あの綺麗な女将と俺・・・。
俺のがあの人の中でジュボジュボしてて、まだ濡れた下着を穿きながら常連さん達と笑って話をしている姿。
それを見てるだけで盛大に勃起した。
俺しか知らないんだぞ!という優越感。
ただそれ以降、仕込み時間に彼女の方からは誘ってこなかった。
こっちも、相手は人妻だから、「セックスしようぜ!」なんて言えない。
その後3ヶ月間は指1本触れなかった。
ただその思い出は3ヶ月分のオナニーのおかずには十分だったのを記憶している。
話を元に戻すが、泥棒が奥さんの物だけを盗んでいる事。
お金が欲しいのじゃなく、奥さんの物が欲しいんじゃないか?と疑い出し、最初は店主も、「常連のあいつだ!」とか、奥さんに言い寄ってるくる奴を疑った。
(言い寄るって言っても口説くんじゃなくて、酒場の冗談半分のデート誘いとかだけどね)
奥さんの不倫相手が「俺です」とは言えず、泥棒が誰かも判らなかった。
そして、なぜ奥さんが浮気してると思ったのかは聞けなかった。
すると店主、「落とし穴作るww」「罠しかける!ww」と言い出した。
店を臨時休業にし、トイレ外の小窓下に大きな穴を掘る。
俺も罪滅ぼしの様に手伝う。
結構深い穴。
落ちたらヤバくね?的な深さで、ハシゴがないと上がって来れない。
明らかに落とし穴です!
ここです!ってバレてるw
店主はポールとコーンを持ってきて『工事中』と張り紙。
草で覆った落とし穴。
怖すぎww
営業1日目・・・問題なし。
営業2日目~8日目・・・問題なし。
そして、営業10日目の仕込みの時間に裏口から入る俺。
「うう、うう~」と声がしている。
(うししししし!引っ掛かったぜ!見てやる!)
そして俺は、見てはいけない者を見た。
店に来る奥さんを好きであろう人物の客、名前は石田といった。
そいつが奥さんに言い寄っていたのは知っていた。
俺はすぐに店主に電話する。
すっ飛んできた店主。
穴の上と穴の下で会話するという、何とも奇妙な図。
石田「泥棒は俺じゃない。仕組んだのはバイトのそいつ(俺)で、そいつとお前の奥さんは浮気してる。その証拠を確かめるために裏口で張ってた。こんな大きな穴作りやがって!死ね!」
店は見事に小窓が割れてる。
店主「警察呼んで指紋取るぞごらぁ!浮気してるわけねーだろ!こいつは俺の可愛い弟子みたいなもんだぞ!」
(ごめん・・・店主)
店主「お前が浮気相手か、ごらぁ!ぶっ殺す!」
そう言ってスコップで穴の中に土を入れ始めた。
下で、「まじやめろ!殺す気か!」とか言ってるが店主は、「お前も土入れろ!殺しちまおう!」と冷静じゃない。
俺は必死で止めた。
でも、少し土も入れたw
俺「店長!マジ死んじゃいますよ!」
店主「いいんだよこんな奴ww殺せ!殺せ!」
目がもうイッちゃってる人だった。
羽交い絞めにして止める。
そこへ奥さん登場。
修羅場は加速する。
店主「おい、お前!石田と浮気してたんだろ!」
奥さん「はぁ?してません!」
店主「石田が、ケンジ君とお前がしてるって言ってる!」
奥さん「気でも狂ったんじゃないの?」
店主「くそっ!皆で俺を騙しやがって!」
必死に止める俺と奥さん。
奥さんは、「証拠あるの?私とケンジ君が浮気してるって証拠が!」と絶叫。
店主「ねぇー!」
キッパリwww
奥さん「じゃあ、どうして浮気って言うのよ!」
店主「石田が言ってたからだろ!」
奥さん「石田を信じるの?私を信じるの?どっちなのー!」
また絶叫。
少し冷静になった店主を横に置き・・・。
俺「あのー、僕と奥さんのどこが浮気なんですか?」
石田「ちょっと前に店でやってたろ!」
俺「し、知りませんよそんなの!」
石田「俺、見たんだからな!◯◯日にお前ら抱き合ってたろ!」
確かに奥さんとは1回した、でもその日では無かった。
俺「そういう根も葉もない噂をばら撒くならこのまま埋めます」
石田「なんだとコノヤロ!」
もっと聞いてみたいという衝動と、もうやめてくれという懇願が入り混じった複雑な気分だった。
そこで店主が再び暴走。
いきなり脱ぐと上からしょうべんかけ始めた。